gyuttone!が、できたわけ。(7)

・・・・・(6)からのつづき・・・・・

 

世の中も不穏な空気が漂っている感じだし、

自分の心細い立場と重なって、

どうやって子供を育てていけばいいのか

どんな人間になれば

どう時代が変わっても生きていけるのか

悶々と考えていた時、

夫ならどうするか、が常に頭にありました。

 

 

例えば子供が大きくなった時、

「パパに聞いてみたい」と思うことって

なんだろう、と考えました。

 

 

それはきっと、

進路に関してなんじゃないだろうか。

思春期の男の子にとって

母親なんて鬱陶しいもの。

でも、将来に関しての不安を

誰かに聞いてもらいたい、

そう思った時

男親のいない家庭で

なんて言ってあげたらいいんだろう・・・。

 

 

息子の寝顔を見つめながら、

およそ10年後を想像し、

夫だったら

「好きなことを貫きなさい。

応援するから」と

言うだろうなと思いました。

 

 

その言葉を、

私が夫の代わりに

息子に伝えるとして、

果たして今の自分で

説得力があるだろうか。

 

 

そう思い至った時に

普通に就活しちゃダメだ!

私自身が本当に

自分の好きなことを貫いて

やりきったと思える経験をしていなくては

この言葉を息子に

伝えきることはできない、

と思いました。

 

 

昔、学生の時、何かの授業で

「男親の一番大事な仕事は、

子供に

”働くって楽しいんだよ”

と言うことを

教えることだ」

と習いました。

 

 

父親がいないなら代わりに

私がその役目を果たさなくてはと

思ったのです。

 

 

今は共働き家庭も多いし、

専業主婦だって仕事の一つなので

どちらがどのように伝えてもいいと思います。

記憶の中の言い回しなので

保守的すぎて不愉快に思う方がいたらすみません。

 

 

ですがとにかくその時私は、

その言葉を思い出して

「父親役も一人でやるんだから

自分がしっかりしなくては」と

奮起するターニングポイントに

なったのでした。

 

 

・・・・・(8)につづく・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です