ホームページの作り方。

今回は、Webのコンサルをやっている人と、

そこにまでたどり着かないほど

Web音痴な人に向けて書きます。

 

 

webコンサルの人は、プロなので、

「素人ってこんなにわかってないの?!」と

お客さんの知識レベルの低さに

驚くこともあると思うのですが、

素人って、こんなもんというのが

伝わるといいなと思います。

 

 

作り方がわからなくて大門に聞いてくる人たちは、

同じ失敗しないように、読んで準備してください。

お金も時間も節約できます。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

最近よく驚かされるのですが、

こんな私に、

「ホームページは、

どうやって作ったんですか?」と

聞いてくる人たちが少なからずいます。

 

 

私、、web、大の苦手です。

超めんどくさい!

「端末に繋がれる感じ」が嫌で、

20歳過ぎまでケータイ持ってなかったし、

SNSも、アカウントとっては放置、

の繰り返し。

次に使うときにパスワードも

忘れてるという・・・。

 

 

そんな感じなので、

起業すると決めてから、

何度も「HPくらい持ってた方がいいよ」と

言われてはいたものの、

実際できたのは

2017年の8月でした。

 

 

商品が出来上がってからようやく、

「自分のHP無いと売れないじゃん」と

気づいて作ったのです。

 

 

だから、

何でこんな私に聞くんだろうな〜、と

疑問に思っていたんんですけど、

それくらい世の中web音痴で

プロに聞くのも恥ずかしいほど

どうしたらいいか分からない

という人が多いんだろうなと思います。

 

 

なので今回は、

私が右往左往してきた

様子を時系列に書いてしまいます。

 

 

2016年

1月 よろず支援拠点にて

「HP作った方がいいよ」と言われる

4月 ようやくやってみる気になり、JIMDOにチャレンジ

使い方がわからない。

上に、自分はHP上で何を伝えられるのか?と

立ち止まってしまう(この時、まだgyuttone!は試作途中)

6月 「伝えるべきは大門さんの(死別)経験だ」とアドバイスされるが拒否。

そんなことを文字にかけるほど回復しておらず、HPは一旦中断。

その後、ペライチでも作ってみようと試みるが、挫折し放置。

 

2017年

3月 gyuttone!が出来上がったタイミングで

WordPressに出会う。

知人のwebコンサルの方に手伝ってもらって

骨組み(アカウントとったり、サーバーと契約したり、

トップページ選んだり、お問い合わせフォームとメアドを紐付けする作業)

作りを手伝ってもらう。

5月 商品写真の撮影後、HPを自力で作ろうと試みる(3度目!)

作業の多さと、ライティングの仕方が分からず、

よろず支援のIT担当の人に相談に行く。

7月 販売準備に忙殺されて、

自力で作ることを断念。

ランサーズで、コンペにかけて作ってくれる人を募集する。

しかし!

HPは、技術があれば作れるというものでは無いことを知る!

その後、1週間ほど寝ずに作業する日がつづく・・・。

 

さて、HP作りで何が大事か!

みなさんなんだと思いますか?

 

以下次号。

 

 

・・・つづく・・・

 

 

 

 

 

コメント:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です