続・ホームページの作り方

前回のブログに、色々とメッセージをいただきまして、

ありがとうございした。

「参考になりました」と言っていただけると、

私の経験が、誰かのお役に立つんだなと、

励みになります。

今回は、「続・ホームページの作り方」ということで、

自分の経験を踏まえて

起業準備中もしくは起業したばかりの女性起業家

に向けて書き残したことを追加しています。

何故ならば、

「大門さんのように絵を描けない場合は

どうしたらいいのでしょうか」と言った

メッセージをいただいて、

「人に伝えることは訓練していかなくてはならないけど、

そういう人の入り口としては

何が適切なんだろう?」と考えていたからです。

 

ちょっと話が戻りますが、

私はHPを作るのに

クラウドソーシングを利用しました。

当然これには、メリットデメリットあるわけです。

 

 

メリットは、「費用を安く抑えられる場合もある。」

デメリットは

「顔の見えない相手と仕事をする場合のトラブルリスク」

だと思います。

 

私が最終的に依頼したランサーズさんは、

親切で丁寧で、本当に助かりました。

心から運が良かったと思っています。

ですがこの方に出会うまでには、

お二人(一人はおそらく法人)とやり取りをして、

急いでいるって言っているのに

連絡をくれなかったり、

電話での打ち合わせを、

めちゃくちゃピンポイントで時間指定してきたりなど

「なんだそれ?」と思う場面を経験しました。

同時期にロゴもコンペ方式で依頼かけてたんですが、

こっちはもっと酷くて、

素人がマウスで描いたんじゃない?と思うような

ものも提示されてきました。

なので、顔の見えない人と

ネット上だけで仕事をする、

こちらの意図を正確に伝えるというのは

本当に難しいことなんだなと

改めて思いました。

登録している人の技術もピンキリなんだと思います。

ですので、上記のようなリスクを回避したい方、

ネットが苦手で何から始めたらいいのかも分からない方は、

私が所属しているプラチナメンバーの

広瀬徹夫さんをご紹介します。

 

 

広瀬さんは元アフィリエイターで日本でも20本の指に入る実力者でした。

その経験を生かし、今ではパソコンやインターネットで困っている方を

助けておられます。

広瀬さんのビジョンは

「”インターネットやパソコンが苦手な起業家、個人、中小企業の方などの

商品、サービスをお持ちの方”が、オンライン上で認識され、

信頼され、そして選ばれることに尽力すること。」

と、裏方に徹底してビジネスをしている方を

引き上げることにフォーカスしています。

 

とても貢献心の溢れる方で、

困っている人を助けるその強い想いから、

人を助けそれが巡り巡って大きな仕事の受注を受けたりと

人を助けることに重きを置いている方です。

パソコン、インターネット、webで困ったら広瀬さん

と覚えてください。強くお勧めします。

 

 

最近は、経営者の方と同席させていただくことが本当に多いです。

しかも、私がまだまだ手の届かない世界の

素晴らしい実績をお持ちの方々ばかり。

広瀬さんも、その中のお一人です。

昨年の私には、想像もつかなかった世界です。

ですが、自分の段階が上がっていけばそれに呼応するように

出会う人たちも変わっていく。

そしてまた、新たな目標や

やるべきことも見えてきます。

その、開拓していくような感じが、今とても楽しいです。

 

もし、HPでどうしたらいいか分からなかったら

本当のプロに頼んでください。

本当のプロとは、広瀬さんのように

実績があって技術があって、

 

 

なおかつ”経営者としての視点”がある方です。

「言われたことだけをやる」のではなく

自らが経営者という視点でものを見ている方と

一緒に仕事をしていく中できっと、

HPを作る以上の経験ができると思います。

 

 

皆様のより一層の飛躍をお祈りしています。

kanadel大門みづき

コメント:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です