gyuttone!が、できたわけ。(12)

・・・(11)のつづき・・・

 

これは、試作品の山です。

 

 

最初は100均の布で、

そのあとはユザワヤや、日暮里の布問屋に行って

安い布で試作品を作り続けました。

数えられるだけで11個あり、

作っては試し、作っては試しの

繰り返しでした。

 

 

写真の中の赤と青のストライプのものを

作った段階で、

「自分の子供で試しているとは言え、

使っている最中に紐が切れたりしたら嫌だな。

どうやったら、布の強さとか

検査できるのだろう?」

という疑問が湧いてきました。

 

 

そこで、ネットで検索し始めて

最初にヒットしたのが

「創業ベンチャー支援センター埼玉」でした。

 

 

その時はまだ、「起業する」という

はっきりとした意志があったわけではありませんでしたが、

「自分が欲しいと思っているものは

きっと他の人も必要としているはず!」という

思い込みと、

「一度でもいいから自分の思いを

形にして世に出したい!」という

情熱だけで動いていました。

 

 

夫のように、

ある日突然人生が終わってしまうことがあるなら、

一度でもいいから自分の思いを形にして

残しておけるようにしたいと思ったのです。

 

 

実際、行政機関は、

なんとなく敷居が高かったのですが

利用者のコメントで

「最初は”起業する”ということだけ決めて

内容は何も考えていませんでした。

ジーパンで、子供をベビーカーに乗せて

行きました。」

みたいなコメントが掲載されていて、

「あ、そんなラフでもいいんだ(笑)」と

気が楽になったのを覚えています。

 

 

セミナーなどでプレゼンをすると、

「どうやって商品化したんですか?」と

いろんな人に聞かれます。

その際私はいつも、

「プロに相談に行きました」と答えます。

具体的に

「創業ベンチャー支援センター埼玉」や

「よろず支援拠点」のことを

お話しすることも多いのですが、

実際に相談に行く人は少ないです。

 

 

何かやろうと思ったら、

その道のプロに話を聞くのが

一番の近道だと私は思っているので、

やりたいことが決まっていても決まっていなくても、

人に話を聞いてもらうということから

始めたらいいと思います。

 

 

さて、

布の強度検査の方法を聞くために

試作品を持って相談に行ったところ、

「よろず支援拠点」を勧められました。

 

 

そこで、中小企業診断士・小川さんとの運命の出会いが、

私の人生を大きく変えて行くのでした。

 

 

・・・・(13)につづく・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です