起業準備中の方へ。〜開業届の出し方〜

本日5月24日は、

私が開業届を出した日です。

 

 

すでに活動していたにも関わらず、

届け出を出したのは2017年。

本来なら、「起業しよう」と思ったら

すぐに開業届を出したほうがいいようです。

開業届と一緒に、

青色申告承認申請書と言うものも

出しておきましょう。

 

 

届け出は、お近くの税務署で

受け付けてくれます。

私はいったことのないお役所に

行くのがとっても億劫だと思ってしまうタイプなので、

私と似たような方のためにあえて書きますが

 

 

①近くの税務署をググる。

②判子(シャチハタ以外)を持ってその税務署に行く。

③窓口で「開業届を出したいです」と言う

④出てきた書類に記入する

 

以上です。

めっちゃ簡単!迷う意味ないです。

 

 

書類を出してくれる窓口の方が、

青色申告承認申請書も出してくれるので

A4用紙二枚書けば、終わりです。

 

 

私がなぜ、届け出を出すのが

こんなに遅くなってしまたのかと言うと、

2015年にgyuttone!を作り始めたころはまだ、

”社会復帰のためのリハビリ”

みたいなスタンスもあったので、

出しそびれていた、と言うのが

正直なところです。

 

 

ですが、さすがに

商品の試作品が出来上がってきて

クラウドファンディングも始めるとなったので

出さなきゃ!となりました。

 

 

2017年4月上旬、

「創業ベンチャー支援センター埼玉」に

相談に行きました。

確か、新年度になるので

私が受けられる補助金があるかどうか

聞きに行ったのだと思います。

 

 

春は、新年度の予算組みが決まって

補助金の募集要項が出始める時期です。

事業形態などによって応募できるものが違うので、

専門家に相談したほうが

効率よく書類が書けます。

 

 

そこで、

「まだ開業届を出していない」

と言うと、

「開業届を出していない人にしか

申請できない補助金もあるから、

5月始めに出される募集要項を

確認してから

開業届を出そう」と言うことになりました。

 

 

もし行政の窓口などが

ない地域なら、

商工会議所で教えてくれます。

 

 

商工会議所の推薦がないと

もらえない補助金もあるので、

事業を起こしている地域の

商工会議所に入ると言うのも

選択肢の一つですよね。

 

 

本日は、極めて事務的な情報でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

(追記)

この記事を読んで、

起業準備中の疑問や質問等ございましたら

下記のメールアドレスまで

ご連絡ください。

答えられるものは大門が、

答えられないものは専門家におつなぎするなど

解決策を一緒に探す、

お手伝いをさせていただきます。

 

 

 

**************************************

kanadelは、世界中の子供達が幸せな子供時代を過ごせる世の中を目指します。

そのために、働くお母さんを全力でサポートする商品・サービスを提供いたします。

 

mail:kanadelsince2015@gmail.com

2018年 大門みづき

**************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です