もの作りで起業したい方へ〜gyuttone!が、できたわけ(15)〜

・・・(14)からのつづき・・・

 

前回までは、

お金の運用方法と同じで、

自分の会社を運営していくのも

”短期””中期””長期”

という引き出しで

考えたほうがいいなと思った、

と言うところまで書きました。

 

 

それを製造業で応用すると、

それぞれ

「商品が出来上がって

利益をあげる期間が違うものを作る」と

いうことになります。

 

 

私が一番作りたいものはgyuttone!ですが、

これはおそらく時間がかかる。

では、その間の収入をどうしよう?

と言うことで、

短期的に、すぐに収入に繋がるものを

探しました。

それは、自分のデザインの技術でした。

 

 

チラシや名刺、Tシャツや和小物、

子ども食堂のエプロンなど。

中には似顔絵や

結婚式のウエルカムボードなども。

 

 

頼まれたことはなんでもやって、

人に会うときはA4の名刺を作って

「こんなことできます。

お仕事ないですか?」

と、配って歩きました。

 

(顔写真と連絡先、

商品の写真を入れています)

 

金額としては多くないですが、

全くの無収入より

全然気の持ち方が違います。

また、

「こう言うのできるかな?」と

お話を持ちかけてくださる方も増え、

自分が必要とされている感覚が

しみじみ嬉しかったのを覚えています。

 

 

もし今、

「何で起業したらいいのかわからない」と

思っている人は、

周りの人に

「こう言うことできます。

お手伝いできることありますか?」と

聞いてみてください。

 

 

意外にも、

HP作れるのって当たり前だと思ってた

とか、

イラレ使えるのって当たり前だと思ってた、

とか、

文章書けるのって当たり前だと思ってた、

など、

自分では当たり前だと思っていたところに

感心して頼りにしてくれる人っているものです。

 

 

そして、私がここでも運が良かったのは、

前職に素敵な先輩、同僚がいたことです。

今でも付き合いがありますが、

こう言うスタートアップ時には

本当にありがたい

最初のお客様になってくださいます。

 

 

今の仕事が嫌で

起業を考えている人もいるかもしれませんが、

できるだけ喧嘩して辞める、

ということがないように、と思います。

 

 

何故ならば、

どんな場合でも助けてくれるのは

人だからです。

頑張りを見ていてくれる人って必ずいるし、

そういう人が後々でも、

心配して手を差し伸べてくれるから、

今の職場の人間関係も

大事にしながら次のことを考えられたら

一番いいなと思います。

 

 

商売が始まったら

1にリスト(お客様名簿)

2にリスト、ですもんね。

 

2016年は、2月ににっぽりフレンドリーマーケットに

出店し、

3月も出そうと思ったら、

不測の事態が起きました。

 

 

さて、それはなんでしょう・・・。

働くお母さんあるあるかも

しれません。

 

・・・・・(16)に続く。

 

 

 

※子ども食堂のエプロンは、

資金集めの意味合いが強かったので

売上金から20%を寄付しました。

 

 

(追記)

この記事を読んで、

起業準備中の疑問や質問等ございましたら

下記のメールアドレスまで

ご連絡ください。

答えられるものは大門が、

答えられないものは専門家におつなぎするなど

解決策を一緒に探す、

お手伝いをさせていただきます。

 

**************************************

kanadelは、世界中の子供達が幸せな子供時代を過ごせる世の中を目指します。

そのために、働くお母さんを全力でサポートする商品・サービスを提供いたします。

 

mail:kanadelsince2015@gmail.com

2018年 大門みづき

**************************************

 

 

コメント:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です