もの作りで起業したい方へ〜gyuttone!開発ストーリー(17)〜

・・・(16)からの続き・・・

 

2016年の春は、まだ始動したばかりなのに

子供の体調が不安定になって

なかなか思うように動けませんでした。

 

 

4月5月は、

商品を作っては写真を撮って、

色々なサイトに載せて販売準備を

していました。

 

 

主に使っていたのは

minnne

creema

あと、

Etsyという越境ECサイトです。

 

 

私が作っていたものが、

和布という折り紙のような布を

使ったTシャツだったので

日暮里フレンドリーマーケットに

出した時、

「外国人の観光客に受けるんじゃない」という

ご意見を何人かにいただきました。

 

 

なので、

海外向けに発信しているサイトにも

載せてみたのです。

 

 

個人的にEtsyは、とても面白いと思いました。

外国の方々のセンスって、

本当に全く日本人と違うので

見ているだけでも楽しいので

オススメです。

 

 

minnneや

creemaは

掲載するだけなら無料ですが

販売した時に手数料が発生します。

 

 

Etsyは、掲載するのも少額ですが有料ですし、

支払いがPeypal経由でした。

登録画面が英語で、

もちろん日本語に翻訳できるのですが、

翻訳すると全然理解できない日本語になってしまう

場合があります。

なので私は、全部英語のまま辞書をひきながら

登録していきました。

 

 

 

この作業が終わった時の喜び!

まだ一枚も売れてないのに、

達成感が半端なかったです(笑)

つくづく、英語話せないと損するな、と

思いました。

(あれから丸2年経つのに

今だに喋れてないですけど・・・)

 

 

ここで要注意なんですけど、

まだ何も手をつけていない方は

「登録すれば売れる」と思っている方も

いらっしゃるようです。

ですが、はっきり言って、

「営業しなければ売れません」

 

 

掲載される商品の数が

ものすごく多いですし、

似たような商品もいっぱいあるし、

最近はおそらく、

プロの職人さんの割合が

上がってきていると思います。

 

 

私も何回か、注文してみましたが、

「手作り」と謳っていても

明らかに既製品であるものも

混じっていました。

 

 

そんな中で

無名で宣伝もしていない

手作りの商品が売れるわけないのです。

 

 

私も

「写真の撮り方が上手ければいいのかな」とか

「コンセプトを打ち出したほうがいいのかな」とか

色々試しましたが、

結局は売れなくて撤退しました。

 

 

そもそも、

この「手作りの商品」の販売だけで

生計が経つようにするには

「営業がうまい」

「商品がオンリーワン」

「すでにファンがいる」

などの条件がぴったり揃わないと

相当難しいということを

知りました。

 

 

これから出店しようという方は

「商品作り」だけでなく

「プロモーション活動どうするか」を

考えて計画をたてられたほうがいいと思います。

 

 

今回はgyuttone!の話は一度も出てきませんでしたが、

大門の体験談から何か少しでも

得るものがあれば幸いです。

 

 

 

 

ありがたいことに、

直接お話を聞きたいとの声を

多数いただいていますので

ご相談会を計画しています。

 

 

初めはおそらく、

カフェなどでのお茶会を

ご案内すると思いますので

場所と時間が決まり次第

広報させていただきます。

少々お待ちください。

 

 

**************************************

kanadelは、世界中の子供達が幸せな子供時代を過ごせる世の中を目指します。

そのために、働くお母さんを全力でサポートする商品・サービスを提供いたします。

 

mail:kanadelsince2015@gmail.com

2018年 大門みづき

**************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です