内臓を使って、生まれ変わりをサポートするセラピー!その、使う臓器とは・・・?

梅雨に突入しましたね。
紫陽花が綺麗なのは嬉しいですが、
子供の頃は苦手な季節でした。
なぜかというと、
喘息がひどくて、決まってこの時期
発作が起きていたからなんです。
昔はアレルギーという概念も
あまり一般的ではなく、
気持ちが弱いから体が弱いんだ!みたいな
乱暴な言われ方もよくしていました。
最近は花粉症のおかげで
マスクもめちゃくちゃ進化して、
アレルギー持ちには
過ごしやすくなっている気がします。
根本的な解決ではないですけどね。。。
さて、体については
昔から比べると研究が進んでいて、
内臓と精神的なものの繋がりも
判明して来ているようです。
今日は私が最近聞いて、感心した
「腸心セラピー」というものを
ご紹介します。
教えてくださったのは
矢島キョロコさん
溌剌とした、
二人のお子さんのママです。
以下、ご紹介です。
内臓って、食物を消化して
栄養を行き渡らせる仕事だけじゃないんだ!
と、大門は目から鱗でした。
カウンセラ/セラピストとして活動しています。
主に子育てママや介護医療スタッフに向けてのストレスケア、
また、起業家さんには目標達成のためのブロック解除などを行なっています。
腸心セラピーに関しては、 簡単に言ってしまうと、
頭で考えて上手くいかないことは、
腸に聞けば答えが分かる!
腸と対話をすると、内観がすすみ、
ストレスやトラウマ、
コンプレックスと言ったお悩みの奥の、
本当の原因を解消できるというもの。
それも、自分の望むペースでできるという、
魔法みたいな不思議なセラピー⁈なのです。
腸には感情が宿ると言われています。
そして、第2の脳とも言われており、
生命誕生の時からの出来事や感情を
全て記憶しているとも言われている優秀な臓器。
感情が宿ると言われる所以として、
昔の慣用句からもそれがわかります。
例えば、
腹黒い
腹が立つ
腹悪し
腹が癒える
腹に一物 ・・・
その他たくさんありますが、
意味は感情に関するものなのです。
腸心セラピー協会では、
脳は表層意識、
腸は深層意識を司っているととらえています。
深層意識に目を向けて、
根本原因を解消すると、
ストレスやコンプレックスが
どうでもよくなったりするので、
まるで自分が生まれ変わったようになる! 
ストレスなどにとらわれて生きてきた方の、
生まれ変わりをサポートするセラピーでもあります。

手相、人相の次は腸相で
深層心理や性格や心の状態も分かるものです!
とのことでした。
すごいですよね。
内臓に記憶があるなんて、
考えたこともなかったので
まるで自分の体が宇宙とつながっているような
壮大な感覚になりました。
七月からは、講座も開かれる予定だそうなので
こちらでもぜひ
お知らせさせていただきたいと思います。
自分が起業してから、
本当にたくさんの頑張っているママさんたちに
お会いする機会が増えました。
もちろん、ママじゃなくても、
男性も女性も、みんな真摯に社会問題に向き合って
どうにか少しでも世の中をよくしようと
前向きに活動していらっしゃいます。
そういった方々との交流が、
私にとっては一番の励みなので、
これを読んでくださっている皆様に、
お役に立てたら嬉しく思い、
今後も素晴らしい方との出会いを
ご紹介させていただきたく思っています。

 

 

**************************************

kanadelは、世界中の子供達が幸せな子供時代を過ごせる世の中を目指します。

そのために、働くお母さんを全力でサポートする商品・サービスを提供いたします。

 

mail:kanadelsince2015@gmail.com

2018年 大門みづき

**************************************

コメント:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です