伯父の死〜生きたように死ぬ、ということ〜

先週、大好きな伯父が亡くなってしまった。

 

 

金曜日の朝、連絡が来て、

伯母は

「遠いから、来なくていいから」と言ったが、

「行かなきゃ後悔する」と押し切って

息子と両親とともに大阪へ行った。

 

 

大阪。

高槻。

 

 

20年前、鬱症状がひどくなっていく私をみかねて

両親が預けてくれた伯父の家。

建て替えをしたばかりで、

優しい木の匂いがする、

日当たりのいい大きな家だった。

 

 

「環境が変われば気分も変わるだろう

と思ったから、おじさんに頼んだよ」と

両親に言われ大阪に来て、

伯母も

「みづきなら役に立つと思て

引き受けたんや」と

迎え入れてくれていた。

 

 

今考えると、大人同士

心配するやりとりが

色々あったんだと思う。

 

 

実際私は、あまり役には立たなかっただろう。

家事はひと通りできても、

精神の病んだ

体だけ大きくなった

子供そのものだったから。

 

 

伯父と伯母は、

私が何に苦しんでいるのか

何も聞かず、何も言わず、

小さい頃と同じように

優しく見守ってくれていた。

 

 

伯父は面白い人で、

社会党の議員だったのだが

解党した後作家になり、

ちょうど1冊目の本を書いているとこと

だっただろうか。

 

 

床から天井までびっしり本の詰まった書斎で、

のんびりと過ごしていた。

 

 

私がお昼ご飯に何を作っても、

「みづきが作ってくれたんやから、

これは呑まんとあかんな」と

おもむろにウィスキーやビールを用意し、

早々とテーブルについて待っていた。

その動作や言い方、

声のトーンまで

今でもはっきり思い出せる。

 

 

私はこの家で、

笑い方を思い出した。

両親が教えてくれていたことの価値を、

実家を離れて初めて知った。

絡んでいた紐が

一本ずつ解けて

あるべき場所に戻っていくような感覚を体験して、

「もう大丈夫」と思えた。

 

 

その半年後、

女子美術大学に合格して

自分の生きる道を見つける

勇気を出せるようになった。

 

 

私にとっては

人生を取り戻す場所を

与えてくれた人だった。

 

 

伯父さんの棺を前に、

最後の様子を聞いて、

20年前と変わってない

伯父さんのエピソードを聞いて、

「人は、生きたように死ぬんだな」

と思った。

 

 

伯父さん。

ありがとうございました。

可愛がってくれて、

面白がってくれて、

伯父さんと一緒に過ごすことができて

私は前に進めるようになったから、

もし、

私に誰かを見守れる番がきたら

伯父さんに返せなかった恩を

送って生きます。

 

 

本日は、極めて個人的な想いを

書かずにはいられませんでした。

読んでくださった方、

ありがとうございました。

 

 

必ず、人生は終わる。

じゃあ逆算して、

今私ができることは何か。

葬儀に立ち会うたびに思う。

時間は限られている。

そう、強く、思います。

 

 

2018年5月16日

大門みづき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続・ホームページの作り方

前回のブログに、色々とメッセージをいただきまして、

ありがとうございした。

「参考になりました」と言っていただけると、

私の経験が、誰かのお役に立つんだなと、

励みになります。

今回は、「続・ホームページの作り方」ということで、

自分の経験を踏まえて

起業準備中もしくは起業したばかりの女性起業家

に向けて書き残したことを追加しています。

何故ならば、

「大門さんのように絵を描けない場合は

どうしたらいいのでしょうか」と言った

メッセージをいただいて、

「人に伝えることは訓練していかなくてはならないけど、

そういう人の入り口としては

何が適切なんだろう?」と考えていたからです。

 

ちょっと話が戻りますが、

私はHPを作るのに

クラウドソーシングを利用しました。

当然これには、メリットデメリットあるわけです。

 

 

メリットは、「費用を安く抑えられる場合もある。」

デメリットは

「顔の見えない相手と仕事をする場合のトラブルリスク」

だと思います。

 

私が最終的に依頼したランサーズさんは、

親切で丁寧で、本当に助かりました。

心から運が良かったと思っています。

ですがこの方に出会うまでには、

お二人(一人はおそらく法人)とやり取りをして、

急いでいるって言っているのに

連絡をくれなかったり、

電話での打ち合わせを、

めちゃくちゃピンポイントで時間指定してきたりなど

「なんだそれ?」と思う場面を経験しました。

同時期にロゴもコンペ方式で依頼かけてたんですが、

こっちはもっと酷くて、

素人がマウスで描いたんじゃない?と思うような

ものも提示されてきました。

なので、顔の見えない人と

ネット上だけで仕事をする、

こちらの意図を正確に伝えるというのは

本当に難しいことなんだなと

改めて思いました。

登録している人の技術もピンキリなんだと思います。

ですので、上記のようなリスクを回避したい方、

ネットが苦手で何から始めたらいいのかも分からない方は、

私が所属しているプラチナメンバーの

広瀬徹夫さんをご紹介します。

 

 

広瀬さんは元アフィリエイターで日本でも20本の指に入る実力者でした。

その経験を生かし、今ではパソコンやインターネットで困っている方を

助けておられます。

広瀬さんのビジョンは

「”インターネットやパソコンが苦手な起業家、個人、中小企業の方などの

商品、サービスをお持ちの方”が、オンライン上で認識され、

信頼され、そして選ばれることに尽力すること。」

と、裏方に徹底してビジネスをしている方を

引き上げることにフォーカスしています。

 

とても貢献心の溢れる方で、

困っている人を助けるその強い想いから、

人を助けそれが巡り巡って大きな仕事の受注を受けたりと

人を助けることに重きを置いている方です。

パソコン、インターネット、webで困ったら広瀬さん

と覚えてください。強くお勧めします。

 

 

最近は、経営者の方と同席させていただくことが本当に多いです。

しかも、私がまだまだ手の届かない世界の

素晴らしい実績をお持ちの方々ばかり。

広瀬さんも、その中のお一人です。

昨年の私には、想像もつかなかった世界です。

ですが、自分の段階が上がっていけばそれに呼応するように

出会う人たちも変わっていく。

そしてまた、新たな目標や

やるべきことも見えてきます。

その、開拓していくような感じが、今とても楽しいです。

 

もし、HPでどうしたらいいか分からなかったら

本当のプロに頼んでください。

本当のプロとは、広瀬さんのように

実績があって技術があって、

 

 

なおかつ”経営者としての視点”がある方です。

「言われたことだけをやる」のではなく

自らが経営者という視点でものを見ている方と

一緒に仕事をしていく中できっと、

HPを作る以上の経験ができると思います。

 

 

皆様のより一層の飛躍をお祈りしています。

kanadel大門みづき

gyuttone!が、できたわけ。(3)

・・・・・・・(2)からのつづき・・・

 

暖かい周りの方々のサポートのおかげで、

少しずつ動き始めてはいたものの、

このころの私は日常生活の全てが痛くて

たまりませんでした。

 

 

家族連れが目に入るたびに

目を逸らし、

園庭開放で他のお母さんがたに話しかけられても

一言二言返すのが精一杯。

 

 

そんな状態だったので

ハローワークに行ってみても

できる仕事があるとはとても思えず、

まず”新しい人間関係のなかに入っていく”ということが

高いハードルになっていました。

 

 

例えばスーパーのパートで働いたとしても、

休憩時間に先輩たちに

「大門さんの旦那さん、何してるの?」とか

聞かれたらどうしよう。

「子供さん、一人だけ?」とか

聞かれるのも嫌だ。

 

 

本当は二人目も欲しかったから、

このころの私は

妊婦さんを見るのさえ

吐き気がするほど嫌でした。

色々な意味で、

精神に支障をきたしていたんだと思います。

 

 

働かないといけない。

でも、今のままでは無理だ。

しかも、もはや37歳。

これから自分が、お給料ややりがいなどの面で

納得できるような会社に入れるとは

とても思えない。

 

 

それに、大きな会社に勤めていても

ある日突然倒産したり

リストラにあったりする時代。

「安定した職業」というものは

皆無と言っていい。

これからの時代はきっと、

もっと変化が早くて

自分が今持っている常識だけではきっと

太刀打ちできないだろう。

 

 

どういう考え方をすれば

自分の心の平穏を保てるのか

どんな人間になれば、

どんな時代でも生き残れるのか。

 

 

考えに考えた結果、

「人が欲しがる価値を提供できる人」に

なることが、

自分と息子を守る

最善の道だと考え至りました。

 

 

 

※前回まで「公開保育」と書いていたものは

「園庭開放」の間違いでした。

お詫びして訂正します。

 

・・・・・・・・(4)につづく・・・・・・・・

 

 

特許、取得しました。

2018年1月17日

弁理士さんからとても嬉しい連絡が入りました。

「本日、特許庁から特許査定が届きました。

この度は誠におめでとうございます。」

 

 

年末に、特許庁から「拒絶通知」が来て、

訂正の書類を提出したばかりだったので

一瞬目を疑いましたが、

無事、特許が取れました。

2017年の2月末に、初めて書類を提出したので

とても早かったと思います。

 

 

そして、先日、

本物の特許証が届きました。

 

 

連絡をいただいた1月17日は、

奇しくも亡くなった夫の誕生日。

技術者だった亡夫は、

もしかしたら自分も特許をとるような

開発をしたかったのかもしれないな、と思いながら

しみじみと一人でお祝いしました。

 

 

特許は一つの目標でした。

資格も無い

お金も無い

人脈も無い

なんてことない普通の主婦が

開発した商品を信用してもらうには、

誰もが納得するこの「特許」という後ろ盾は、

とても心強いものです。

 

 

すでに愛用してくださっているお客様も、

購入を検討してくださっている方々にも、

安心して長くお使いいただけるよう、

この後ろ盾に恥じない開発努力を

続けて参りたいと思います。

 

 

末尾になりましたが、

ご尽力いただきました

そらまめ総合特許事務所

上村弁理士さま

本当にありがとうございます。

 

 

個人事業主ということが理由で、

よその弁理士事務所では

門前払いされて来た大門には、

仏様のような方でした。

弁理士さんをお探しの方は、ぜひ。

おすすめです。

 

 

ではでは、

本日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

kanadel

大門みづき

 

 

 

 

 

 

 

愛情の通過点として

ものすごく、もんのすごく間が開いてしました。

ブログを書く、ということが習慣化しきれていないので、

気づいたらあっという間に、

前回書いてから1ヶ月近く開いてしまうという・・・。

 

 

時の経つのは、早いですね(苦笑)

 

 

さて、この1ヶ月、大門は何をやっていたかというと・・・

10月の後半はNHK首都圏ネットワークさんの密着取材を

していただいていて、

その後放送されてから、おかげさまで黄色が完売したり、

欠品していた黒色がいっぺんに入荷したり、

ご予約の方々に一斉に発送したり。

 

 

その合間をぬって

弁理士協会の単発講師やら、

女性起業家白書の合同インタビューやら、

商品カタログ作りやら・・・

動画CMの撮影も、していました。

書いてみると、結構働いていました。

よかった、

ぼーっとしてたら1ヶ月過ぎてたってことじゃなくて。。。(苦笑

 

 

さて、言い訳はそのくらいにして、

もうすぐ発売から3ヶ月が経とうとしています。

 

 

その間、色々な、それこそ本当に色々な出会いがあって、

思いがけない体験をたくさんさせていただいているのですが、

gyuttone!を発送するときに、いつもとても嬉しいことがあるのです。

 

 

それは、gyuttone!が、愛情の通過点になっている、ということです。

 

 

どういうことかと言うと、

例えば北海道に住んでいるお母様(と思われる人)から

東京に住んでいる娘さん(もしくはお嫁さん)への

プレゼントにしてもらえる、と言うケース。

 

 

例えばインターネットが苦手なのに

お孫さんのために

四苦八苦しながらご注文くださる、

と言うケース。

 

 

電話でのお問い合わせがそのまま

インターネットの遠隔操作(?)になる場合も

あります(笑)

 

 

それぞれ、離れて暮らす子供達や孫たちを想って、

「これ、あったら便利なんじゃないの?」と

子育てを心配して、ご購入くださっているんだなあ・・・と思うと、

本当に気持ちがほっこりします。

 

 

gyuttone!を通して、

家族の愛情の行き来を見させていただけて、

大門は本当に幸せ者です。

 

 

自分で作っていただけの時は、

全く予想しなかった展開になっていて、

戸惑うことも多々ありましたが、

こんな瞬間に立ち会えることで、

また頑張ろうと思えます。

 

 

ご購入くださった方、

ご検討くださっている方、

何も言わずに情報をシェアしてくださっている方々、

本当にありがとうございます。

 

 

本日は、ママフェスタに出店します。

川口リリア、10時半からです。

よろしくお願いいたします。

 

 

長くなりましたが、

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

kanadel大門みづき

 

 

 

 

取扱説明書というもの。

8月16日

取扱説明書を作ってくださる林さんと打ち合わせ。

浦和駅前のチェルシーカフェにて。

 

 

林さんは、クラウドソーシングサイトで私が出した

コンペに参加してくださった方なのだけど、

なんと、あの某有名抱っこ紐メーカーや、

某有名バギーの取説を作っていた方!

 

 

こんなにキャリアのある人と、

クラウドソージングで出会えるなんて

奇跡に近い(らしい)。

 

と言うのも、私の幼馴染がマニュアル製作会社に勤めていて

「取説は、お客さんを守るのは当然のこと、

会社を守るものでもあるから重要だし、

きちんと仕事ができる人はフリーランスでも

いくつかの会社と継続契約しているから、

クラウドソーシングには登録していないんじゃないかなあ・・・」

と言っていたので、ダメかも・・・と思っていたのです。

 

 

お話を聞いていると、やはり、取説業界でも分野があるらしく、

林さんのようなキャリアの人は少数派のようで・・・。

しかも、ずっといくつかの会社と契約していらっしゃるので

サイトからの仕事の紹介なんてやっている暇なかったらしいのですが、

たまたま目に留めてくださったとのこと。

 

 

なんと言う、ありがたい出合い!!

林さんが、アドバイスしてくださらなかったら、

どうにもならなかったです。

タイトなスケジュールで、印刷までしてくださって、

本当に感謝してますm(_ _)m

 

 

出来上がった時の様子は、kanadelのfacebookページに

載せてありますので、そちらも読んでくださると

嬉しいです。

 

 

取説の法務は、大宮パートナーズ法律事務所の

栗原弁護士(超美人!カッコいいです!)に

お願いいたしました。

 

 

いやー、何もかもギリギリでしたけど、

本当に間に合って良かった。

ご協力いただいた皆様、

ありがとうございました。

 

 

こうやっていつも、周りの人に無理なお願いして

助けてもらってばかりだから、

もうちょっとしっかりしなくちゃな、

と思った大門でした。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::

注:この記事は、9月に更新し直しました。

gyuttone!発売開始日までの準備期間に、

ブログまで書く余裕が無かったのですが、

自分の記録としても大事だと思い直し、

後から思い出して書いています。

そのため、更新日時とは相違があります。

2017年 9月20日

::::::::::::::::::::::::::::::::